· 

スマホサイトをつくりたいのですが

スマホでのホームページ閲覧率は6割~7割、若い世代は8~9割近く、さらに上がると思われます。

パソコン用とスマホ用でホームページをアドレスを分けて表示させることは少なく(以前はガラケー表示も含め別URLが多かった)、閲覧する端末のサイズに応じてレイアウトを整える「レスポンシブ」という技術が主流です。しかしこれもパソコンでのデザインを主とする考え方です。

 

「モバイルファースト」ということばがあります。

参考

Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト インデックスを開始します

https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/03/rolling-out-mobile-first-indexing.html

 

モバイルファーストはパソコンは置いておきスマホ優先でサイトをつくるということではなく、WEBデザインがパソコンでもスマホでもストレス無く見ることができるように設計する考え方です。

 

 

 

日本のホームページは情報過多の傾向があり、一概に言えませんが、パソコンとスマホでは閲覧の仕方も、マウスクリックと指でのタップ・スワイプと異なり、閲覧率の多さを考えると、今後はスマートフォンのデザイン・機能を基本設計とし、パソコンのデザインはスマホに準じたシンプルなデザインになってくるのではないかと思われます。情報が多くても見た目はシンプルで整理され、回遊・検索しやすいサイトが求められるでしょう。

 

 

ですから、スマホサイトを新しく作りたい ではなく、「今のホームページをスマートフォンで見やすくするにはどうすれば良いか」というのが課題解決として正しい道筋です。デザインを新しくするだけでなく、設計段階から相談にのってくれるところをおすすめします。