· 

周年企業サイト 制作のためのチェックリスト

企業の創立・設立周年記念は何かと喜ばしい事業です。長い功績が認められ会社の信頼度アップになるだけでなく、社員へのモチベーションアップになります。周年に合わせサイトをリニューアルしたり、特設サイトを設置する企業が多くあります。ここではそのプロセスを診断チェックリストにしてみました。プロジェクト検討の参考にして下さい。

過去の周年事業

  • 過去、周年事業を行ったことがあるか(会社案内、式典、記念グッズなどを制作したか)
  • 周年事業の告知を過去どのように行ったか(ネット、封書等)
  • 過去の周年事業に携わった社員や業者がいるか(今回の担当・チームをどうするか)

事業予算や計画を立てる際に、前回の実績は大事です。全くなければ、同業他社や関係者の意見を収集して検討します。

周年事業と結びつけるもの

  • ブランディング
  • 顧客深耕
  • 新規獲得
  • 新卒採用
  • 社員満足
  • etc

記念すべき年であると同時に企業戦略として大事な年度です。祝福ムードを追い風にして、宣伝効果を見越した計画もたてていく必要があるでしょう

周年と合わせた事業

  • 周年にあたり記念日に式典やイベントを行うか
  • 周年を機に組織体制やトップが変わるか
  • 周年を機に社名やロゴを変更するか
  • 周年を機に新サービス・新商品を開始するか
  • 周年に合わせ新社屋や移転を行うか
  • 周年に合わせて何かを開始するか(SNS、ECサイト、これまでやってこなかった分野)

周年プロジェクトとして一括して進行すれば統一したコンセプトで運用できます。

周年サイトに必要なページ・記事

  • 沿革・歴史
  • 過去の写真
  • 周年に向けたメッセージ
  • 周年ロゴ・コンセプト

それほど多くの情報量である必要はありません。沿革など詳しく掲載したい場合は記念誌などを検討されると良いと思います。サイトをこれまでの感謝の意とするのか、スタートラインとするのかでコンセプト・デザインも変わってくるでしょう。また社員の採用活動にも大きな影響があります。

スケジュール

  • 公開日・公開期間
  • 公開日から遡ったスケジュール(企画・デザイン・原稿作成)
  • スタッフィング
  • 投資コスト

周年は企業の変革するきっかけ・良いタイミングとなり、周年記念と同時にアナウンスすることで大きな宣伝効果となります。現在・未来のホームページの目標をあらためて考え、早めに動き出すことで良い周年サイトが作れるでしょう。