· 

今こそ自分たちのWEBサイトを見直そう:スマホで簡単にできるサイト診断方法

先般の新型肺炎にかかる問題で、イベントの延期・中止、不要不急の出張中止、会議はメールに、濃厚接触の予想される場所へは行かない、など、多くの感染・予防対策が取られています。感染を広げず1日も早い日常生活復旧が望まれますがこのままいくと世の中経済全体に様々な影響が出ることでしょう。

外出をせず、お店も開けない状況で行うことの多くは、今や大人も子供も、スマホをみることではないでしょうか。この貴重な時間をSNSやGoogle検索に使うだけでなく、(もちろん最新情報の収集は大事ですが)皆さんの会社やお店のWEBサイトの見直しに宛ててみてはいかがでしょうか。

スマホで、自分で簡単にできる10のサイト診断

  1. 社名(または商品名、以下同じです)で検索し、何位になるか調べてみる
  2. Google検索で、結果表示された自分のサイトをスクリーンショットを取っておく(どのようなタイトル表示で、どのような説明文が載っているか)
  3. 社名以外で、Googleに出る方法を探してみる。例えば 自分が都内のパン屋経営者だとして、東京(細かいエリア名)+パン屋 では何位になるか。
  4. 自分の会社より上位に来るサイトと、自分の会社サイトは、開くのはどちらが早いか
  5. プライベートモードで1.2を検索してみる
  6. Googleマップに社名で検索し出てくるか。
  7. Google画像検索で社名で検索し出てくるか。
  8. Youtube動画で社名で検索し出てくるか。
  9. SNSで自分の会社名を検索して出てくるか
  10. 1~9を、翌日もう一度やってみる。

スマホでできるサイト診断のポイント

このサイト診断は会社でもできますが、スマホでやるのがポイントです。閲覧の約七割になるといわれるスマートフォンでの検索を、勤務中はほとんど勤務中に行い(行え)ません。通勤や休憩時間は、自分の趣味に利用したいでしょう。そこで待機の時間があれば、スマートフォンでビジネス関連を検索してみるのです。

具体的な社名や商品名でなくても良いです。世の中の興味や関心は日々変わります。最後の10をやったときに、どのくらいの変化があるのかを感じて下さい。

WEBまで自粛することはありません。コミュニーションのあり方、営業活動を見直すよいきっかけにもなります。この時期を大切にすごしましょう。